婦人

毛穴の汚れをとるには泡をたて洗顔を┃化粧水も重要です

このエントリーをはてなブックマークに追加

肌を老化させる原因

化粧品

人間というのは、加齢とともに老化が進行していきます。皮膚にシワができたり、くすみ、たるみなどが気になるようになるのです。肌トラブルを隠そうと化粧品を厚く塗り、さらに老けて見えてしまいます。老化の最たる原因といわれているのが、外出時の紫外線によるものです。そもそも紫外線には、老化を促進する活性酸素を増やす作用があります。なので、肌のハリを保つコラーゲンを破壊して、シワの原因となります。その他にも、紫外線には、皮膚内のメラニン色素の産生を促す作用もあります。そのため、シミの原因になってしまいます。特に紫外線の影響を受けやすいのは、目の周りや頬などの皮膚が薄い部分です。いつまでも若さを保ちたい方にとって、アンチエイジングの第一歩で紫外線対策が大事といえます。

紫外線に当たることは、肌のシミ、しわ、乾燥などの老化の原因になります。したがって、アンチエイジングとして紫外線対策に有効な化粧品を使う事が大事です。紫外線防御に欠かせない化粧品といえば、日焼け止めがあります。この日焼け止めを塗る際には、確実に効果を得るための注意点があります。まず、顔への紫外線を防御するには、1円玉分の量の日焼け止めを塗る必要があります。化粧品の量をけちってしまうと、まったくアンチエイジング効果がないです。そして、日焼け止めを塗る際は、顔や腕など日光に当たる部分を中心にむらなく塗ります。特に目の下、頬は紫外線が当たりやすい部分なので、丁寧にクリームを塗ったほうが良いです。正しく化粧品を塗る事で、確実にアンチエイジング効果があります。